四万十川にもダムがある


誰が言ったか知らないが、四万十川はダムのない川。そんなの大嘘よ。ちゃーんと立派なダムがございます。
堰体の低いものは、このほかにもあるらしいのですが、支流に行かないと見ることはできないようです。

津賀ダム

 昭和の初め、電源確保の目的で建造されたダム。詳しい資料はまだ集めていませんが、現在も四国電力により発電が行われています。雨が降ると、「ダム放流ー!」の放送が流れ、泥濁りの水も流れ・・・。四電さん曰く、「このダムには貯留機能はありません。ご容赦ください。」とのことです。


家地川堰堤(佐賀ダム)

 水利権更新をめぐって、四国電力と四万十川漁協とが熱い戦い(?)を繰り広げる家地川ダム。発電と黒潮町(佐賀)への農業水利用として使われています(だから別名佐賀ダム)。なお、家地川堰堤周辺は桜の名所でもあります。