擁壁の安定計算

擁壁の安定計算 ブロック積の安定計算 ワークシート集
タイトル 掲載日
更新日
解説 参考資料 ダウンロード
試行くさび法による大型ブロック積の安定計算 2014.10.28 試行くさび法による、大型ブロック積の安定計算です。
道路土工擁壁工指針では、もたれ式擁壁に準じた計算を行うようになっています。
ブロックの控え長さを二段階に変化させた計算もできますが、指針では「等厚を原則とする」となっていますので、ご注意下さい。

1.上載荷重が作用する場合の計算ができます。
2.基礎底面に傾斜角がある場合の計算ができます。
3.車両衝突を考慮する場合の計算ができます(PG-BC種のみ)。
4.水位がある場合の計算ができます。
5.地震時慣性力を考慮した計算ができます。
6.地盤反力度は「簡便法」により、算出します。地震時のみ「簡便法」と「基礎底面内の偏心距離による方法」を算出し、合力の作用位置によりいずれかを選択するようにしています。

※印刷にVBAマクロを使用しています。
2014.10.28 プレガード種類を追加、衝突荷重をPG対応可能なものに修正
日本道路協会:道路土工 擁壁工指針(平成24年度版)
防護柵の設置基準・同解説(H20)
土木学会四国支部:大型ブロック積み擁壁設計施工マニュアル(平成16年6月)
理工図書:擁壁の設計法と計算例(2014年)
試行くさび法による盛土付きブロック積の安定計算 2014.10.6 試行くさび法による、ブロック積擁壁の安定計算です。
道路土工指針ではブロック積は経験に基づく設計となっていますが、試行くさび法で土圧を計算し安定計算を行います。
擁壁天端と盛土のり尻の間にステップ(小段)がある場合の計算ができます。
すべり面がステップに生じる場合、法面に生じる場合、盛土面に生じる場合の3パターンを比較し、最大土圧により安定計算を行います。

1.上載荷重が作用する場合の計算ができます。
2.基礎底面に傾斜角がある場合の計算ができます。
3.最大土圧を水平土圧として作用させています。
4.転倒に対する照査は、合力作用位置と転倒/抵抗モーメント比の安全率の両方で行います。
※印刷にVBAマクロを使用しています。

2014.10.6 基礎地盤の許容支持力度を修正
農林水産省 土地改良事業計画設計基準(平成17年3月)
日本道路協会:道路土工 擁壁工指針(平成24年度版)
土木学会四国支部:大型ブロック積み擁壁設計施工マニュアル(平成16年6月)
理工図書:擁壁の設計法と計算例(2014年)
試行くさび法によるプレガード基礎付きブロック積の安定計算 2014.10.28 試行くさび法による、ブロック積擁壁の安定計算です。
道路土工指針ではブロック積は経験に基づく設計となっていますが、試行くさび法で土圧を計算し安定計算を行います。ブロック積の上部にプレキャストガードレール基礎(プレガード基礎)を設置し、自動車衝突荷重が作用した場合の安定計算ができます。

1.上載荷重が作用する場合の計算ができます。
2.基礎底面に傾斜角がある場合の計算ができます。
3.最大土圧を水平土圧として作用させています。
4.転倒に対する照査は、合力作用位置と転倒/抵抗モーメント比の安全率の両方で行います。
※印刷にVBAマクロを使用しています。

2014.10.6 基礎地盤の許容支持力度を修正
2014.9.23 計算式を一部修正
2014.10.28 プレガード種類を追加、衝突荷重をPG対応可能なものに修正
農林水産省 土地改良事業計画設計基準(平成17年3月)
日本道路協会:道路土工 擁壁工指針(平成24年度版)
防護柵の設置基準・同解説(H20)
土木学会四国支部:大型ブロック積み擁壁設計施工マニュアル(平成16年6月)
理工図書:擁壁の設計法と計算例(2014年)
試行くさび法によるブロック積の安定計算 2014.10.6 試行くさび法による、ブロック積擁壁の安定計算です。
道路土工指針ではブロック積は経験に基づく設計となっていますが、試行くさび法で土圧を計算し安定計算を行います。

1.上載荷重が作用する場合の計算ができます。
2.基礎底面に傾斜角がある場合の計算ができます。
3.最大土圧を水平土圧として作用させています。
4.転倒に対する照査は、合力作用位置と転倒/抵抗モーメント比の安全率の両方で行います。
※印刷にVBAマクロを使用しています。

2014.10.6 基礎地盤の許容支持力度を修正
2014.9.3 基礎の形状がわかりやすいように修正
2014.9.23 計算式を一部修正
農林水産省 土地改良事業計画設計基準(平成17年3月)
日本道路協会:道路土工 擁壁工指針(平成24年度版)
土木学会四国支部:大型ブロック積み擁壁設計施工マニュアル(平成16年6月)
理工図書:擁壁の設計法と計算例(2014年)
2段積み
ブロック積の安定計算
2015.6.30 2段積みのブロック積安定計算です。
道路土工擁壁工指針では、ブロック積の多段積みは推奨していません。
やむを得ない場合の検討時に使用してください。
(下段に影響のないステップ幅の検討に使うのが良いと考えます)

土圧は試行くさび法で算出しています。
下段ブロック積みの安定計算は、次の3パターンを検討しています。
1.すべり面が小段に現れる場合(小段内で土圧に極値が発生する場合)
2.すべり面が上段擁壁の底版内を通る場合
3.すべり面が上段擁壁の背面に出る場合

上部ブロック積みは、別途で安定計算を行なっています。
※印刷にVBAマクロを使用しています。

2014.8.14数式に誤りがあり修正
2014.9.2 数式、マクロに誤りがあり修正
2015.6.30 数式、セル参照に誤りがあり修正、全パターン出力に変更
農林水産省 土地改良事業計画設計基準(平成17年3月)
日本道路協会:道路土工 擁壁工指針(平成24年度版)
土木学会四国支部:大型ブロック積み擁壁設計施工マニュアル(平成16年6月)
理工図書:擁壁の設計法と計算例(2014年)

Ver102
林道ブロック積みの安定計算 2011.12.11 林道事業で用いるブロック積みの安定計算です。
 クーロン土圧公式による土圧
 切土部土圧
 構造物上部に法面がある場合の切土部土圧
計算シートです。
  • 土圧はクーロン土圧で計算しています(クーロン)
  • 切土部土圧は試行くさび法+クーロンの滑り角で計算しています。
  • 法面上に載荷重を考慮できます
森林土木構造物標準設計(林業土木コンサルタンツ)
高知県版森林土木標準設計
道路土工 擁壁工指針

クーロン土圧


切土
林道擁壁の安定計算 2011.12.11 林道事業で用いる重力式擁壁の安定計算です。
GW-LIタイプ(前法タイプ)
GW-LLタイプ(裏法タイプ)
どちらもクーロン土圧と切土部土圧がセットになっています。
  • 地震時の計算はできません。
森林土木構造物標準設計(林業土木コンサルタンツ)
高知県版森林土木標準設計
道路土工 擁壁工指針

GW-LI


GW-LL
多段積みかご工の安定計算 2007.1.23 多段積みかご工の安定計算です。かご上部に土羽(盛土)がある場合、上載荷重がある場合の計算もできます。地震時の検討はできません。
  • かごは一体化したもたれ式擁壁として計算します。
  • 土圧は試行くさび法で計算しています。
  • 輪荷重は等分布荷重×載荷長で計算します。
  • かご自体の自重は考慮しません。
道路土工 擁壁工指針
土地改良事業計画設計基準(農道)
道路橋示方書(下部工編)
JFE建材カタログ
ブロック積の安定計算
(プレキャストGr基礎あり)
2007.3.16 ブロック積擁壁の安定計算です。プレキャスト基礎を設置する場合で、車両の衝突荷重を考慮する場合も計算ができます。
  • 土圧はクーロン土圧公式で計算しています。
  • 輪荷重は等分布荷重で計算します。
  • 安定計算は示力線による合力の作用位置で検討しています。
  • 滑動に対する検討は行いません
  • ブロック基礎底面での支持力に対する検討は、擁壁自重のみとし荷重の偏心は考慮していません。
  • プレガード基礎を標準Gr基礎として選定できます

07.03.16計算方法を「プレガードQ&A」の方法に変更
土地改良事業計画設計基準(農道)
「続 擁壁の設計法と計算例」(理工図書)
道路土工 擁壁工指針
土地改良事業計画設計基準(農道)
プレガード基礎Q&A
切土部ブロック積の安定計算 Ver2.01
(切土部土圧)
2015.10.23 切土部ブロック積擁壁の安定計算です。
背面が地山で切土部土圧が作用する場合の計算ができます。
  • 土圧は試行クサビ法で計算しています。
  • 上載荷重は考慮していません。
  • 安定計算はモーメント計算および示力線による合力の作用位置で検討しています。
  • 滑動に対する検討は「参考」としています
  • 支持力に対する検討は、擁壁自重のみとし荷重の偏心は考慮していません。
  • 背後地が傾斜している場合も計算できますが、角度が大きくなる(傾斜度βが内部摩擦角φより大きくなる)ような場合には、土圧が過大に計算されます(現実とかけ離れる)ので、ご注意ください。
  • 背後地盤の傾斜度は、ブロック積の勾配より緩くしてください。
※印刷にVBAマクロを使用しています。

2015.10.23簡易図化の修正、設計条件入力方法の変更ほか
土地改良事業計画設計基準(農道)
「続 擁壁の設計法と計算例」(理工図書)
道路土工 擁壁工指針
ブロック積の安定計算
(背面盛土あり)
2007.3.16

2003.10.12
ブロック積擁壁の安定計算です。ブロック天端に盛土がある場合の計算ができます。
  • 土圧はクーロン土圧公式で計算しています。
  • 輪荷重は等分布荷重を盛土高さに換算して計算します。
  • 安定計算は示力線による合力の作用位置で検討しています。
  • 滑動に対する検討は行いません
  • 支持力に対する検討は、擁壁自重のみとし荷重の偏心は考慮していません。
土地改良事業計画設計基準(農道)
通常版


雪荷重考慮バージョン
ブロック積の安定計算
(Gr基礎あり)
2007.3.16 ブロック積擁壁の安定計算です。ブロック天端に現場打ちガードレール基礎がある場合の計算ができますが、衝突荷重を考慮した計算は行いません。
  • 土圧はクーロン土圧公式で計算しています。
  • 輪荷重は等分布荷重で計算します。
  • 安定計算は示力線による合力の作用位置で検討しています。
  • 滑動に対する検討は行いません
  • 支持力に対する検討は、擁壁自重のみとし荷重の偏心は考慮していません。
  • 衝突荷重は考慮していません
土地改良事業計画設計基準(農道)
環境保全型ブロック積み安定計算 2001.12.22 環境保全型ブロック積(日建工学 チェックウォール)の安定計算です。ブロック天端に仕戻し石積がある場合の計算ができます。基礎工も含めた安定計算ができます(考慮しない場合は基礎寸法を0にしてください)。
  • 段数は1段〜5段まで対応しています。
  • 土圧は試行くさび法で計算しています。
  • 輪荷重は考慮していません。
  • 安定計算は転倒については示力線と安全率で検討しています。
  • 滑動に対する検討も行っています。
  • 支持力に対する検討は、基礎底面で行います。
道路土工 擁壁工指針
日建工学チェックウオール計算書
試行くさび法による重力式擁壁の安定計算
(背面盛土なし)
2014.10.6 重力式擁壁の安定計算シートです。
  • 土圧は試行クサビ法で計算しています。
  • 輪荷重は等分布荷重×載荷長で計算します。
  • 常時、地震時、衝突荷重作用時のシートに分かれます。
  • 裏法勾配を(-)にすると、もたれ式の計算も可能ですが、合力作用位置がミドルサードより後ろにくる場合は別途検討が必要です。
  • 地震時シートでは、粘着力によるZc(亀裂深さ)を考慮できます。
  • 道路土工 擁壁工指針(P89)では、指針に従い照査した高さ8m未満の擁壁では、地震動の作用に対する照査は行わなくとも性能を満足するとあります。
2014.10.6 地震時シートに誤りがあり修正
2014.5.18 道路土工 擁壁工指針(H24年度版)対応
2014.5.19 地震時シートを追加

2014.5.20 衝突荷重作用時シートを追加
道路土工 擁壁工指針(H24年度版)
道路土工要綱(H21.6)
防護柵の設置基準・同解説(H20)
擁壁の設計法と計算例(2014 理工図書)
土地改良事業計画設計基準(農道)

常時


地震時


衝突荷重
試行くさび法による重力式擁壁の安定計算
(背面盛土あり)
2014.9.21 背面に盛土がある重力式擁壁の安定計算シートです。
  • 土圧は試行クサビ法で計算しています。
  • 輪荷重は等分布荷重をすべり幅部に載荷し、計算します。
  • 擁壁天端と盛土のり尻の間にステップ(小段)がある場合の計算ができます。
  • すべり面がステップに生じる場合、法面に生じる場合、盛土面に生じる場合の3パターンを比較し、最大土圧により安定計算を行います。
道路土工 擁壁工指針(H24年度版)
道路土工要綱(H21.6)
擁壁の設計法と計算例(2014 理工図書)

ExcelSheets
ご利用になる前に
構造計算
水理計算
擁壁の安定計算
測量・道路
積算など
コンクリート断面計算
その他